団員ログイン

医療問題弁護団の紹介医療問題弁護団の紹介

医療問題弁護団は、医療被害の救済、医療事故再発防止、患者の権利確立、安全で良質な医療の確立などを目的として1977年に設立されました。
現在、このような弁護団の趣旨に賛同する約250名の弁護士(主に東京の3弁護士会所属)が参加しています。

私たちは、現在の医療の実情では患者の権利が尊重されていないと考えており、被害救済と併せて患者の権利の確立、被害の再発防止を目指しています。 そして、そのことを通して、患者や家族の方とともに、医療の改善に努力していきたいと考えています。

医療問題弁護団の紹介