団員ログイン

団員リレーエッセイ弁護士の声

初めて医療相談を受けられる方へ(武田 志穂)

 医療事故に遭ってしまった、専門家に相談したいと思っても、弁護士の法律相談など受けたことがない、という方がほとんどだと思います。
 自分や自分の家族が医療事故に巻き込まれた、と感じた場合に、どこに相談に行ってよいかわからない、相談だけでも高額の費用がかかるのではないか、と危惧される方も多いのではないかと思います。

 医療問題弁護団では、初回の無料相談を実施しています。相談時間に特に制限はありませんので、お気軽にお申込みいただければと思います。多くの場合は、1時間前後お話をお伺いすることが多いです。
 相談を受けたいけれども法律事務所まで出向くのが難しい、という場合には、弁護士によってはzoom等のWEB会議システムを利用して在宅で法律相談を受けていただく形も取れますので、そのようなご希望がありましたら担当となった弁護士にご要望をお伝えいただければと思います。

 医療問題弁護団の事務局を通じて相談の申し込みをしていただくと、すぐに担当の弁護士が二人決まります。ベテラン中堅枠1名、若手枠1名という感じです。実際に面談してお話を伺う前に事前調査票という書類を作成していただき、それに基づいて担当弁護士がある程度下調べしたうえで相談に臨んでいます。
 初めての相談ということで緊張されていらっしゃる方もいますが、最近はすでにほかの法律事務所等で既に相談を受けられたうえで、セカンドオピニオン・サードオピニオンを聞きたい、という形で相談を申し込まれる方もいらっしゃいます。そのような形で相談を申し込んでいただいても全く問題はありません。ご相談の中では、相談時に判明している事実経過等を踏まえた見立て・見込みや、調査をご希望される場合の費用等についてご説明させていただいています。ご相談だけで終了するケースが多いです。

 なお、ご相談後、全件医師(協力医)に事例を検討していただき、事例の問題点等を抽出していただいています。ご相談いただいた事案によっては、相談時の見立てが難しく、その医師のご意見を伺ってから依頼されかどうか最終判断していただく、というケースも存在します。
 もし、医療事故に遭ってしまい弁護士に相談するかどうか迷っていらっしゃいましたら、是非当弁護団の無料相談をご利用いただければと思います。

以 上

弁護士の声