団員ログイン

団員リレーエッセイ弁護士の声

尋問研修の感想(船木 淳平)

 医療問題弁護団では、団員への研修がとても充実しています。その中でも特筆すべきものが尋問研修です。尋問研修とは、極めてリアリティのある架空の事例を題材にして、ベテラン団員の指導の下、証人役への模擬反対尋問を行うという研修です。尋問研修に参加する機会を得られることは、医療問題弁護団に所属する醍醐味の一つです。以下、私が挑戦した本年2月19日開催の尋問研修についての感想です。

 私が尋問研修に挑んだのはこれが2度目でした。1度目の尋問研修で思い出したくないほどの大失敗をしてしまい、医師尋問に恐怖を抱えることとなってしまったので、これを克服するためにいつかリベンジを果たさなければならないと思っていたところ、幸運にも、今回再び尋問研修に挑戦する機会を得ることができました。

 今回、私とS先生のチームは、M先生の指導を仰ぐことになりました。M先生は、実に厚く篤く熱い指導をして下さいました。その内容を大きく分けると次の3つでした。

 M先生の指導を踏まえ、S先生と練習を繰り返し、万全の状態で臨んだ本番は、少なくとも私にとっては大成功でした。今回、私にとっての成功とは、立証上不可欠な証言の獲得ではなく、医師尋問への恐怖の払拭、すなわち証人役とコミュニケーションをとることでした。傍聴していた先生方の中には、私は立証にもコミュニケーションにも成功していなかったぞとお考えの方もおられたかもしれませんが、私自身は恐怖のほとんどを払拭できるほどにコミュニケーションをとることができたと実感しています。勘違いかもしれませんが、M先生も私の「快復」を喜んで下さったように私には見えました。

 今回の尋問研修で、私はリベンジを果たすことができました。この経験は、必ず実戦に活かすことができるものと確信しています。また、私も今後経験を重ねた後、いずれ指導担当として御恩を返させて頂くことを誓います。その前に、もしかしたら再び挑戦させて頂くかもしれません(?)。

 チームメイトのS先生、ご体調が優れない中ご指導下さったM先生、尋問研修のセッティングをして下さった研修班の先生方、大変な貴重なご講評を下さいました裁判官の方、医療側代理人の先生、当団のベテランの先生方、証人役を担当して下さいました医師の先生、傍聴して下さった先生方その他関係者の皆様、本当にありがとうございました。

以 上

弁護士の声